北海道内市内の引っ越し費用を最大半額にする方法とは?

北海道内市内の引っ越し費用を格安にするためには、まず最初にやることがあります!

 

最安値で見積りゲットした男性

 

それが「見積もりサイト」を使うことです。

 

このサイトを使うか使わないかで、同じ条件の引っ越しでも倍以上値段に差が出る事は珍しくありません。

 

北海道内市内の引っ越し費用を節約したいとご検討されている方には、まず最初に活用してほしい方法となります!

 

引っ越し見積りサイトを活用する場合には、どのようなメリットを得られるのでしょうか?

 

個別に引っ越し業者へ連絡するのではなく、引っ越し見積りサイトを使うべき3つの理由をまとめてみました。

 

引っ越し費用の相場を把握できる

 

引っ越し見積りサイトを利用すると、登録した情報と平均的な荷物量に基づいて自動的に引っ越し費用の相場が算出されます。

 

このような相場費用は一般的な目安として利用時に表示されますので、引っ越し業者の提示する見積りと比較することができます。

 

もしも見積りが相場よりも高い場合には、目安の相場を業者との交渉に使えます。

 

複数社の見積りが揃うと交渉の余地はさらに広がりますし、引っ越し見積りサイトを使えば足元を見られるリスクも避けられるでしょう。

 

引っ越し業者の見極めと見積り依頼の手間を省ける

 

引っ越し業者は得意とする引っ越し内容が個別に異なるため、同じ条件であっても見積りに差が出やすい特徴を備えています。

 

自分に適した引っ越し業者を見つけたくても、1社ごとに得意なケースを調べて見積りを依頼していくのは簡単ではありません。

 

見積りサイトを使えば、数百社の中からあなたに合った10社程度が見積もりを提示してくれます。

 

業者側も、自分たちと相性が悪いと判断すれば見積もりの提示をしない為、自然とあなたにピッタリの業者だけが集まります。

 

見積りサイトで一括見積りを行うと総じて手間を省けますから、業者探しの時間を短縮可能なメリットを得られます。

 

信頼できる引っ越し業者の中から条件の良い業者を選べる

 

引っ越し業者選びに引っ越し見積りサイトを役立てるときには、以下の内容も代表的なメリットに含まれます。

 

  • 提携している業者の多くが「一般貨物自動車運送事業」の許可を取得している
  • 企業規模の異なる様々な引っ越し業者から見積りを取れる
  • 相見積もりによって引っ越し業者から安い見積りが提示されやすい

 

信頼できる引っ越し業者を対象にしつつ、幅広い業者から最安値の見積りを望めるのが引っ越し見積りサイトになっています。

 

少しでも安く引っ越しをしたいのなら、複数の引っ越し業者に見積りを申し込まなくてはいけません。

 

市内という近場の引っ越しでも、倍以上違いが出てしまうことも珍しくありませんので…。

 

引っ越し業者を比較できる引っ越し見積りサイトは、信頼できる業者選びに欠かせないサービスとして当てはまるでしょう。

同一市内間の引っ越しで気を付けるべき3つの注意点とは?

何かしらの事情により同一市内間で引っ越しをする場合、気を付けるべきことがあります。

 

引っ越し手続き用紙

 

引っ越しとはただ住所を変更するものではなく、色々と手続きを済ませておく必要があるものです。

 

これからその予定がある人に向けて、3つの注意点を紹介します。

 

転居届を提出すること

 

当たり前の話ですが、引っ越し後は転居届を提出しなければなりません。

 

転居届の注意点を挙げると、以下の通りです。

 

  • 引っ越し後14日以内に役所に提出する
  • 本人確認書類や印鑑などを忘れない
  • 手続きは本人が行う

 

もし忙しくて14日以内では厳しい場合、委任状があれば代理人でも手続きが可能となります。

 

自動車に関する手続きを行うこと

 

同一市内間の引っ越しであっても、運転免許証の住所変更手続きは必要です。

 

自動車検査証や車庫証明、保険なども同様に手続きを済ませておく必要があります。

 

これらの手続きですが、引っ越しから15日以内に済ませておきましょう。

 

住所変更の手続きを行った際、車庫証明時に必要となる住民票も発行してもらいましょう。

 

税務署に電話をして住所変更の手続きを行うこと

 

個人事業主の場合、また青色申告対象の場合は税務署に連絡して住所変更の手続きを済ませましょう。

 

もし個人事業主ではなく青色申告とは関係ない場合、この手続きは特に気にする必要はありません。

 

確定申告と引っ越しの時期が重なる場合、なるべく早めに手続きをすることをおすすめします。

 

きちんとした住所で手続きをしなければ、納税の義務を果たせなくなるかもしれないため注意が必要です。

 

税務署の手続きはわざわざ窓口を訪れる必要がなく、電話連絡で変更が可能なところにあります。

 

以上が同一市内間の引っ越しで気を付けるべき3つの注意点です。

 

引っ越し後は何かと大変かもしれませんが、期日がある手続きに関しては忘れてしまう前に済ませることです。

 

事前に手続きの優先順位を決めておく、スケジュールを管理しておく、などが有効ではないでしょうか。

 

TOPへ